Academic Integrity

Academic Misconduct Policy

学業不正の処理と同意


3種類の不正について


1. 盗作 (Plagiarism)

学業不正の処理と同意

盗作(Plagiarism) つまり他人の文章や語句を、断りもなく自分の文章のようにして用いるこ と。下記が一部の例

  • Webサイト、書籍、媒体からの写しと引用
  • 書籍筆者の言葉を代用し、あたかも自分が得たかのようにし提出する こと
  • 発行されている媒体、友人の論文、また以前自身が提出したものからの文章や節を引用す ること
  • 引用符 を含まない直接的引用
  • 参考資料がない、また不正確に使用している
  • 共に作業した学生の名前を最終研究課題に明記しないこと
  • 第三者による書き直しや、多数の校正
  • インターネット、またTIUの学生を含む第三者の解答の引用 2 カンニング

2 カンニング

カンニングとは不正な行為、または優勢になるように掟を破ることTIUは下記の例を含む

  • テスト中のノートの使用、
  • 宿題、個人提出用課題に他者の回答を引用すること
  • テスト中、会場、教室以外、またはトイレで、ノートや、教科書を見る行為
  • 評価後に、テストや課題を再提出する行為
  • 課題に嘘の研究結果やデータを使用すること
  • テスト、課題を窃盗、買収、またそれにかかわる圧力を他者にかけること

3. 不正に貢献する

不正に貢献するとは、不正に関する全ての行為に手助けすること

  • 課題やエッセイを他者に売る、または与え、そして他者がその知識で課題を提出する行為
  • 他者があなたの課題をテスト、試験、研究(プロジェクト)に使用することを許可する行為

罰則

指導者はこの記述を罰則として用います。下記の罰則も含む場合もあります。

  • English PLAZAにて特定の教員の授業に参加すること
  • GTI長との面会
  • 課題の評価取り消し、または評価の見直し
  • Fの採点

 
 

私 __________________は、学業不正と同意を読み、学業不正と大学の規定について理解し、この権威ある規則に従います。万が一、この規則に反した場合、他者への不正行為に貢献した場合、私は課題に対しFを取ります。また不正行為を続けた場合、不正行為に貢献した場合 は、厳戒処分を受けます。

____________________________
signature

____________________________
date